HOME » 事例のご紹介 » インバウンド研修の事例 » 流通会社H様のインバウンド研修

[インバウンド研修]
流通会社H様

課題

  • 電話応対の質が低い
  • お客さまとの大事な接点を無駄に

実施内容

  • モニタリングでまずは実態把握
  • 電話応対担当者の育成

クライアント様の課題

『電話応対のレベルをあげてCSの向上を』

H社様では、お客さまからかかってくる電話応対の質をあげることが急務でした。競合他社との差別化を図るために、電話が大切なポイントのひとつであったのです。しかし、実際には、お客さまから聞かれたことにただ答えるのみの受け身な対応ばかりでした。なぜなら、現場にCS重視という方針をただ伝えただけで、実際の電話応対のやり方などの手法は教えてこなかったからです。

市場通信からのご提案

『電話コミュニケーションの基礎から応用編まで』

H社様の課題を解決するためには、まずは電話応対をする担当者の育成が必要でした。電話独自の魅力的な話し方の基本から学習をスタート。その後、弊社にてH社様の電話応対に必要なスキルを絞り込み、集中的に学習し、ワンランクアップの電話応対を目指しました。その結果、一定期間後のミステリーコールでも、高い評価を獲得し、現場からはお客さまに「ありがとう」と言われる回数が増えたとのお声もいただきました。現場のモチベーションも格段にアップしているそうです。

この事例で利用したサービス

市場通信のインバウンド研修サービス


ページトップ