HOME » コールセンター運営ノウハウ » お知らせ » 最近好評だったコールセンター・電話応対コラムの紹介

コールセンター運営ノウハウコールセンター運営ノウハウ
お知らせお知らせ

最近好評だったコールセンター・電話応対コラムの紹介

最近好評の3つのコールセンター・電話応対コラムの紹介

callcen1.jpg最近、好評だった当社市場通信のコールセンター・電話応対に関するコラム。

その中から3つを選びました。ご紹介いたします。

ご興味ある方は是非、お読みください。

1) コールセンターの敬語克服後の電話応対スキルとは

op2018-01 (2).jpgコールセンターの電話応対の本質的な課題とは?

市場通信では多くのコールセンター研修のご相談をいただきます。

研修カリキュラムを検討するにあたって、まずは今回の研修実施の至った背景や現在の課題をヒアリングします。

その際、センター運営のご担当者さまがよく挙げられる課題として、言葉遣いや話ぐせなどのマナーがあります。

コールセンターの敬語克服後の電話応対スキルとは、どういうものでしょうか。

是非、クリックしてお読みください。

コールセンターの敬語克服後の電話応対スキルとは?

2)コールセンターの学習定着を目指したフォロー活動とは

op2018-01 (13).jpgコールセンターはサービスそのもの、品質のすべてを「人材」が担うため、コミュニケーターの育成教育がとても重要です。

育成教育には大きく分けてふたつあります。

ひとつは新人向けで採用してからデビューまでの研修、もうひとつはデビュー後のコミュニケーターに向けてのフォロー研修です。

新人研修で扱うべき内容は多岐にわたります。

教育の成果を定着させるには、どうすれば実現するのでしょうか。

是非、クリックしてお読みください。

コールセンターの学習定着を目指したフォロー活動とは

3)コールセンターでの情報伝達力がお客様の不満を少なくする!

5com3.jpgコールセンターの担当者は電話によるお客さま対応が主な仕事です。

通話が終了した後に修理や訪問を担当する関連部署へ情報を引き継ぐセールス案件は、

営業担当者や店舗などへ申し送りするなどの業務があります。

お客さまとの会話から得た情報を関連部門に伝達する、と言ってしまえば簡単そうに聞こえますが、コールセンターの対応次第では、お客さま・引き継ぎ部門の双方からクレームを受けてしまう場合があります。

これはどうしてでしょうか。

ある家電メーカーのサポートセンターの事例をご紹介します。

是非クリックしてお読みください。

コールセンターでの情報伝達力がお客様の不満を少なくする!

 
 

ページトップ

研修・業務内容で探す

ニーズで探す

事例から探す

お問い合わせ