HOME » 市場通信のサービス » コールセンター研修・改善 » トレーニング » 数字があがる!ロールプレイング実践研修

数字があがる!ロールプレイング実践研修
管理者向け 

こんな方におすすめします

  • センター管理者の方
  • SV様

コールセンターのトレーニングで必ず行われるのがロールプレイング。実践的であり、事前準備が少ないため、どちらのセンターでも手軽に実施されていますが、適切でないロールプレイングもしばしば見受けられます。

2人1組のロールプレイングは効果も高いですが、一方でリスクがあることも理解しておく必要があります。目的に応じたロールプレイングの使い分けが重要なのです。

特に1対N型ロールプレイングは大変効果が高く、30分から1時間でスキルアップが確認できます。

本研修では、2(3)人1組型ロールプレイング、1対N型ロールプレイング、遠隔ロールプレイング、フィードバックにおけるロールプレイングなど、種類に応じた使い方やその実践方法について、体験型の演習を通じて学習します。


OUTPUT


  • 2 (3)人1組
    ロールプレイング

  • 1対N型
    ロールプレイング

  • 遠隔
    ロールプレイング

  • フィードバックにおける
    ロールプレイング
 

ご担当者さまの声

  • ロールプレイングはやり方によってはリスクがあることを聞いたときは、はっとしました。これまで、あまり考えず コールセンタの体験学習=ロールプレイング と思っていたのですが、確かに振り返ってみると、思い当たることもありました。体験を積む時間の多い研修だったので、感覚的につかむことができた気がします。センターに帰ってから共有します。ありがとうございました!(通信系ソリューション提供会社様)

価格

1日間コース 28万円~

オプション

後日、スクリプト添削アドバイスなど

ページトップ