HOME » 市場通信のサービス » 電話応対研修 » アウトバウンド研修

市場通信のアウトバウンド研修市場通信のアウトバウンド研修

こちらからお客さまに電話をかけて、商品のご案内やアポイントを取り、セールスを拡大したい!

BEFORE

  • 是非アウトバウンドをやってみたいが、どこから手をつけて良いか分からない。
  • アウトバウンド=セールスといイメージなので、どうも苦手。
  • 自己流で実施しており、なかなか数字が上がらない。
  • スタッフのモチベーションが上がらないので、業務が進まない。

AFTER

  • アウトバウンドに必要な知識やスキルが身についた!
  • 成果(数字)が上がった!
  • アウトバウンドの正しいやり方がわかり、スタッフも含めて積極的に取り組めるようになった!

アウトバウンド研修 指南

電話をかける=失礼なセールスじゃない!

貴社のビジネスで電話を積極的に活用していますか?こちらから電話をかけるというと、しつこく、失礼なセールス電話を思い浮かべるかもしれませんが、正しい方法で実施すれば、お客さまにとって有益なお電話をすることもできるのです。お客さまは自分にとって有益な情報であれば耳を貸してくださいますし、「必要がない」と断られたら、丁寧にご挨拶をして電話を切れば良いのです。特に既顧客のお客さまへのお電話であれば、お役にたてることもたくさんあるはずです。

アウトバウンド成功のために

ただし、こちらから発信するお電話(アウトバウンド)は、できれば事前の学習をしてからスタートすることが望ましいです。日常、使っている電話と同じ感覚で電話をかけ始めると、「つながらない」「断られる」「冷たくされた」などのマイナスの印象ばかりが先行して、うまくいくものもダメになってしまます。心構えや、アウトバウンドに必要なスキルを身につけてから電話をスタートするとよいでしょう。

アウトバウンドも事前の学習で、うまくいくように。

お客様の心を動かす

市場通信の研修は、「ビジネス現場におけるお客さまとの電話応対の技術を磨く研修」です。マナーやルールだけを磨いても顧客満足は獲得できません。お客さま心を動かすテクニックやわかりやすく話を伝える方法を学習します。

研修+OJTで確実に習得

研修を「インプットの場」、OJT(実践)を「定着の場」と位置づけ、OJTも重視しています。コミュニケーター向けトレーニングには、研修終了後にSV(現場管理者)向けに「OJTアドバイスシート」をお渡ししています。

体で覚える

市場通信のトレーニングは「頭で理解する」と同時に「体の感覚で覚える」ことを目指しています。そのため、すべての研修では体験学習の時間を多く設けており、手や口を動かし、実践のポイントや理想系のイメージをつかんでいただきます。

楽しさから深い学びを

カードボール

市場通信では、わかりやすく、楽しみながらの学習を目指しています。OJTに活用できるカード形式のテキストやボールを使ったトレーニングなど、オリジナルのスタイルで研修を行います。


業界で15年以上の経験

市場通信はこれまでに15年以上にわたり、電話コミュニケーションの業界で活動をしてきました。企業とお客さまとの電話応対を数え切れないほど聞き、電話応対で大切なことを熟知しています。また、教育の経験も多く、電話応対者の電話への苦手意識やお客さまの心理状態についても理解しており、お客さまと、電話応対者の双方が共に満足できる電話応対を目指しています。

アウトバウンド研修によって大きな効果が得られています

[通販食品会社J様]

アウトバウンドならではのスキル注入で、それまで成果の上がらなかったコールが売り上げ目標を達成!

市場通信のアウトバウンド研修サービス一覧

市場通信では、電話コミュニケーションのプロならではのノウハウで、御社の業務をサポートします。


ページトップ