HOME » コールセンター運営ノウハウ » お知らせ » 「実践!アウトバウンドコール」体験学習セミナー開催 in 大阪

コールセンター運営ノウハウコールセンター運営ノウハウ
お知らせお知らせ

「実践!アウトバウンドコール」体験学習セミナー開催 in 大阪

2008osaka.bmp

コールセンター/CRM デモ&コンファレンスは株式会社リックテレコム「月刊コンピューターテレフォニー」、CMPビジネスメディア株式会社主催で、2008年5月28日(水)と29日(木)の2日間で行われます。大阪では初めての開催です。両日「RICコールセンター・キャンパス」 と いう実践研修講座があり、『実践!アウトバウンド講座』では、当社市場通信の石橋由佳と古館良子が講師として、担当することになりました。

各種金融関連会社や通信会社など、自社顧客への商品やサービスのお勧め・お知らせに関するアウトバウンドは増えています。とくに、お客様とのコミュニケーションにおいて、いかのアップセルやクロスセルを促進するか。ダイレクトに数値に影響するコールも求められています。
本講座ではアウトバウンドコールで重要となる1)オペレーションツール(スクリプト・FAQ)、2)モニタリング、3)教育・研修等トレーニングの3要素を、2日間たっぷりと基礎編から実践編までを学んで頂きます。そのため、受講者の方々には戦略策定?実施準備?運用?効果検証と、一連のプロセスに沿った学習をすることで、コールセンターにおける現場の実施ポイントを学び、実践的なスキルの習得が可能です。アウトバウンドコールとモニタリングなど、両方学習したい方にはお得な学習体験セミナーです。

seminerannai.jpg
(※画像内テキストは下記のとおりです)

<セミナー内容>(全2日間の講義&体験学習)
2008年5月28日水曜日(1日目 14:00?16:30)

スクリプト・FAQ、モニタリング、教育・研修等トレーニング
?アウトバウンドの3大重要スキルをマスターできる!?

seminer33.jpg
1)最新事例に基づいたアウトバウンドの立ち上げ準備?運用?結果検証を解説・立ち上げ、運用、結果検証のステージごとに必要な業務とそのポイント
・事例解説(獲得系アウトバウンド)

2)3大要素(スクリプト・FAQ、モニタリング、教育・研修等トレーニング)の検証・成功の鍵を握るオペレーションツール(スクリプト・FAQなど)
・聞かなくてはわからない、聞けばよくわかる!モニタリング
・コミュニケーター自身が「何をすればいいのか」が理解できるトレーニング

3)すぐれたスクリプトの作成手順とそのポイント
・スクリプトを活用したコミュニケーションとは
・「成果が期待できる」「理解・納得ができる」「使いたくなる」スクリプトとは

【1日目の体験学習】
「アウトバウンド設計書とオペレーションツールの作成ノウハウを覚えよう!」

【グループワーク】・コール基本設計書を作成しよう
・コール基本設計書に基づきオペレーションツール(スクリプト)を作成しよう

seminer11.jpg2008年5月29日木曜日(2日目 10:00?12:00)

4)モニタリング評価基準/カリブレーション・結果活用等?モニタリングの解説・コール目的に即した評価基準
・モニタリング結果を活用したコミュニケーター、スーパーバイザー指導・管理

5)アウトバウンドの必要なトレーニング(ロールプレイニング研修、OJT、コーチング)の実施方法
・ロールプレイング研修の実施方法
・OJTによるスタッフ育成
・モニタリング結果によるコーチング(フィードバックの実践的活用)

【2日目の体験学習】
「ロールプレイング研修をやってみましょう!」
配布物】
コール基本設計書、オペレーションツール(スクリプトの重要パート)

会場:マイドーム大阪8階(第2会議室)
定員:30名
受講料(2日間):47,250円(税込)

今年東京開催時(2008年11月13日・14日)も実施しますが、今回は大阪での開催です。大阪方面で、ご興味ある方は是非ご参加ください。

お申し込み・詳細は→実践研修講座(RICコールセンター・キャンパス)まで

 
 

ページトップ

研修・業務内容で探す

ニーズで探す

事例から探す

お問い合わせ